ホーム  >  会社案内  > 代表者あいさつ

代表者あいさつ

技術提供の先に在る未来を見据えて

代表者

 当社は1984年6月の設立以来、当時はまだ黎明期に在ったIT業界に於いて、独立系ソフトウェア企業として常にその時代の最先端技術の習得に努め、業務アプリや通信・制御、各種エンベデット、社会インフラ、検証や保守・運用まで、幅広い分野に対応可能なワンストップ型IT企業として、社会の要請とお客様の信頼に応える高品質な技術とサービスを提供してまいりました。

 近年、わが国の社会環境や経済環境は急激なスピードで質的に変化しており、それに対応するために、IT技術の更なる積極活用が要請されています。民間企業が保有するビックデータの有効活用や、国や地方自治体・公共団体が保有するデータの民間への開放、労働力不足が深刻さを増す介護分野、レセプトの電子化や電子カルテの推進が望まれる医療分野、後継者不足に悩む農業分野など、あらゆる分野でIT技術の活用による改革が必要とされています。平成28年には首相自ら「ITが国家成長戦略の核である」と宣言し、内閣では「世界最先端IT国家創造宣言」も閣議決定されました。

 当社はこのような社会の要請と変化を、絶好のビジネスチャンスとして捉えております。創業以来蓄積してきた技術力を今後も最大限に活用しつつ、またそれを次世代へ確実に継承しつつも、従来のようにそれを提供するだけではなく、技術力提供の先に在る豊かで安心安全な未来を提案し、また創造できる企業へ脱皮する、今がそのチャンスであると捉えております。

 この先も技術革新のスピードはますます加速し、どれほどに高度化するのか、残念ながら予想することは困難です。しかしそれを支えているのは結局のところ人であり、「モノづくりの原点は人に在る」という事実は不変です。当社はこの原点に回帰し、人材育成に徹底してこだわり、お客様やお取引先様、そして社会からも信頼される企業であるため、技術提供の先に在る未来創造に挑戦してまいります。

 今後ともより一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。