インタビュー

Case
03
2015年 中途入社
M.O.さん
現代法学科卒
"交渉の中で、双方が納得する着地点を見つけ出すことが「営業の醍醐味」"

入社のきっかけ

前職では東京のIT企業で、パッケージソフトウェアを売る営業の仕事をしていたのですが、地元の群馬に戻りたいと考え転職を決めました。前職と近い業態・顧客のフィールドで、より「交渉」や「提案」の仕事ができる点に魅力を感じて、コンピュートロンに入社しました。

仕事内容

当社では、顧客の要望・仕様に応じた、いわば「オーダーメイド」のソフト開発を行っています。営業は、その要望を各支店・プロジェクト担当と調整し、見積を作成した上で条件交渉を進めていきます。加えて、新規顧客開拓や既存営業の横展開の為、当社が代理店となっているパッケージ商品や、当社が推進しているIoTスターターキットを用いて、問題改善の提案も行っています。

仕事のこだわり

会社や技術者の成長が見込める開発テーマやAI・IoTのように将来性がある仕事を持ってくること。そして顧客側と当社がWin-Winになる取引をすることです。理想ばかり伝えるのではなく、交渉の中で、双方が納得する着地点を見つけ出すことが「営業の醍醐味」なんです。

営業に向いている人

話し上手より聞き上手な人。まずは顧客の話を理解して、潜在的な要望を引き出す。その要望に沿って提案をした方が、より顧客にも喜んでもらえると思っています。もちろん、営業として発言力は大事ですが、人の話を聞ける人でないと営業は成り立たないと思います。
1日の仕事の流れ
9:00
朝礼
全体朝礼後、営業部での朝礼。1日の流れを確認
9:15
社内作業
顧客からのメール対応・関連各所への連絡
11:00
外出
お昼を食べながら客先へ
13:00
顧客対応
顧客からの要望・相談はすぐに対応できるよう調整
16:00
帰社
残務処理・各種調整
17:45
退社